1/1

<新刊>『uso4』(rn press)

¥1,650 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

サイズ:文庫
ページ:

<概要>

<特集:YES・イエス・肯定>

『今日も吉祥寺のルノアールで』野口理恵

『あめん』若林 恵

『きのうの私は「はい」と言った』石山さやか 

『夜の散歩』今日マチ子

『ビールもう一本!』辻山良雄

『すべてがウソになる』年吉聡太

『それが答えだ』岡藤真依 

『メガネと金髪と京都』矢代真也

『わたくしがYES』少年アヤ

<USO・うそ・嘘>

『ストーリーテラー』佐久間裕美子

『ささやかな復讐』DJまほうつかい(西島大介)

『じいちゃんの死』早坂大輔

『再会する時間』大横山飴 

『私と嘘』旦 悠輔

特別寄稿 西川勇大  

特別寄稿 妹尾龍都 

特別寄稿 nene 

前書きーーーーーーーーーーーーーーーー

USO うそ 嘘

「あなたの嘘を教えてください」 このテーマで二〇一九年にはじめたこの本には たくさんの嘘が載っています。 心の奥にしまいこんだ気持ちを引っ張り出して文章にすると、 抱えてきたものがいつの間にか一人歩きをして、 今度は知らない誰かの気持ちを引っ張り出します。 そんなことの連続で四号目までやってきました。

お気づきだと思いますが、「嘘を教えてください」というのは嘘で 「本当のあなたを教えてください」というのが本当です。

あなたはどんな気持ちで嘘をつくのですか。

嘘をついてしまったあなたはどんな気持ちになりますか。

深く後悔しますか。 それとも、してやったり、ですか。

あなたはどんな人なのですか。 私はあなたのことが知りたいです。 あなたがどんな人なのか、ものすごく知りたいです。上っ面で笑い合うのではなくて、 空虚なSNSで友達申請をするのではなくて、 あなたの心の中にある柔らかい部分に触れたいのです。

どんなことで笑いますか。

どんなことが悲しいですか。

どんなことで傷つき、

どんなことで幸せな気持ちになりますか。

私はむきだしのあなたが知りたいのです。 だからあなたの嘘を私に教えてくれませんか。

特集YESよりーーーーーーーーーーーーーーーー

「愛してる?」と聞かれたときにどうしても口ごもってしまったりします。「YES」ということばがどうしてもうまく出てこないのです。「YES」ということばがとてつもなく危険なことばに思えて、怖さが喉の奥からせりあがってきて、口がからからに乾いてしまいます。そのときあなたは必死でガードを固めようとしているに違いありません。なんとか自分を手放さずに済むよう、自分というものに必死にそれにしがみついているのです。  

自分というものの一体何がそんなに大事なのか、と頭で考えることは簡単です。けれども、いざそれを手放せと言われたら、やはり、どうしたって、怖気づいてしまいます。そういう自分がダサいなと思ったりもします。そう思いながらも、「YES」ということばが、いつまで経っても怖いままなのです。(若林恵「あめん」より)

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,650 税込

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品